面接試験では受け応え以外にもチェックされる

面接では、入室から退室するまでに様々なマナーが存在しており、長時間にわたる面接の場合には少しの気の緩みからマナー違反となってしまっていることもあるので注意しておかなくては

面接のマナーと注意点

面接試験では受け応え以外にもチェックされる 面接では、入室から退室するまでに様々なマナーが存在しており、長時間にわたる面接の場合には少しの気の緩みからマナー違反となってしまっていることもあるので注意しておかなくてはなりません。もちろん入室時のノックなども大切ですが何よりも重要になってくるのは身だしなみです。人の印象は第一印象が全てと言ってと良いほどで、服装や髪型が面接官に与える影響はかなり高いと言えます。面接での受け答えはもちろんですが、それがどんなに良くても第一印象が悪い人の場合は採用につながることは滅多にありません。

面接のマナーとして部屋に入ってから十分に注意しているのにもかかわらず、なかなか採用とならない人もいるのではないでしょうか。その際には、入室前にマナー違反があるケースもあるので注意しましょう。面接を受ける会場や会社に一歩足を踏み入れた瞬間から面接は始まっていると考えておくべきです。受付の人に採用担当者が、どんな人だったかを問うこともあり受付時に適当な対応をしてると、どんなに面接で良い態度を取っていても二面性があると思われてしまいます。面接当日は、すべてのことが面接だと考えて気を引き締めて臨むようにしておく必要があります。