面接試験では受け応え以外にもチェックされる

面接試験は、筆記試験や書類選考などを終えた最終の試験であることが一般的です。

面接試験では無理に自分をアピールしないことも重要

面接試験では受け応え以外にもチェックされる 面接試験は、筆記試験や書類選考などを終えた最終の試験であることが一般的です。つまり、面接試験をクリアーできれば希望する会社に入社できるチャンスが広がると考えて問題ないでしょう。面接試験ではできる限りマイナスポイントを受けないことが重要で、プラスに傾けることで採用されるチャンスは大幅に広がっていくでしょう。まずは、悪い印象を面接官に与えないことが大切です。無理に良いことを発言しようとして、無理な表現がマイナスのイメージを生んでしまうことがあります。

面接試験では確かに積極性も重要になってきます。前向きな発言やリーダーシップを意識した発言などは面接時には有利な表現だと考えることは決して間違ってはいません。しかし、表現の方法によっては強調性に欠ける人材であると評価されることもあります。無理にリーダーシップを強調することで、その無理なことが面接官に分かってしまい、他の人材の和を乱してしまうと評価されることがあることを理解しましょう。上手な表現とは、面接官に素晴らしいと感じさせることだけではなく、面接官に協調性があると感じさせることでもあります。

もし、面接に自信がない場合は無理をせず、減点をされない表現を選ぶべきです。