面接試験では受け応え以外にもチェックされる

就職や転職の面接では、短い時間で初対面の面接官に自己の魅力を伝えることになりますから、第一印象である見た目も大切なアピールポイントになります。

面接における基本ポイント

面接試験では受け応え以外にもチェックされる 就職や転職の面接では、短い時間で初対面の面接官に自己の魅力を伝えることになりますから、第一印象である見た目も大切なアピールポイントになります。先ず見た目では、清潔感のある服装を心掛けることが大切です。しかし、それを判断することは意外に難しいことでもあります。そこで、発想を少し変化させてみると分かりやすくなります。例えば、面接官の服装が不潔な装いだったとします。この場合、その人に好感を持てるかと言えば、大抵良い印象を抱かないことが一般的です。ですから今度はそのことを自分に置き換えて、服装をチェックすることがポイントです。

そして見た目でもう一つ重要なことは、姿勢を正すことです。背中を丸めることがないよう、しっかり背筋を伸ばすことが肝心です。姿勢が正しい場合は見る側に好印象を与えるほか、無意識から感じ取れる礼儀正しさなどを印象付ける要素にもなりますので、面接では姿勢を正して臨むことがポイントになります。一方、冒頭で自分の名前などを述べる段階では、初対面という状況下でのコミュニケーションスキルを採点されるため、話す内容をはじめ、顔の表情や言葉の口調も大切になります。そして、語尾まではっきり伝えることもポイントです。